KBSI's Blog!!!

KBSIs' Blog

Technical memo, play diary

TensorFlow

AIで宝くじを当てる!(今すぐ試せるソースコード付き!!)

宝くじのロト6をディープラーニングによって当てる!!

IDICHI

ロト6は1~43の番号を6個選ぶ、くじのことである。
AIに入力するデータは、以前のあたり番号を入力にして、教師データを今回のあたり番号にした。
data(t-1) ← 前回のあたり番号
data(t) ← 今回のあたり番号
普通、43個のデータ×6=258次元のベクトルとして、onehot ベクトルにする。
しかし、何を思ったのか、1~43を6ビットで表し、6*6=36次元のベクトルで入力した。

Posenetは画像,ビデオから人の関節位置や目の位置などを座標形式で出してくれる.ディープラーニングモデルのひとつ.既存のOpenPoseは商用利用不可の上,研究室の高性能なPCでも処理負荷が大きすぎる.一方,Posenetはスマホでも動くくらい,軽量なモデルである.しかも商用利用可能.開発元はGoogle.

Recent posts

See more

Categories

About

大学1年生 伊地知 翔也 詳細はlearn moreから